東京都多摩市 大蔵歯科医院 “お口の事でお悩みの方は是非一度ご相談下さい。”
歯科 東京都 多摩市 歯列育形成
歯科 東京都 多摩市 歯列育形成
一般歯科
予防メインテナンス
ホワイトニング
インプラント
歯列育形成
矯正治療
義歯(入れ歯)
自費の補綴物/マウスピース
歯科と全身
歯周病
歯科 東京都 多摩市 歯列育形成
大蔵歯科医院を知る
コンセプト
院内紹介
院長/スタッフ紹介
診療時間/アクセス
歯科衛生士さんの求人募集
歯科 東京都 多摩市 歯列育形成
お問い合わせ
歯科 東京都 多摩市 歯列育形成
保証制度について
患者さんの声
コラム
リンク集
医療費控除

自費の補綴物/マウスピース

自費の補綴物
・歯と同じ色の補綴物(ハイブリットによるもの、陶材によるもの)
・金属による物(白金加金)

の2系統の直し方があります。
line

歯と同じ色の修復物
保険での治療
1.レジン充填
葉の溝から始まった虫歯や前の歯の虫歯に対して、虫歯を取り除いてできた穴に対して
レジンと言われる歯と同じ色の充填材料をつめ、光で固めます。
2.硬質レジン前装冠
前歯の虫歯が大きくなって埋める方法では直せない時に内面を金属で歯に合わせ、
見える部分に硬質レジンと言われる歯と同じ色の材料を盛り上げて作製します。
自費での治療
現在多くのメーカーが競い合って開発していますので実に多様な方法があります。
セラミックとレジンのよい所を複合させることによって、より良い物を追求しています。
あるいはまったく新しい発想から新たな材料が開発されてもいますので、目が放せない
領域です。
1.エステニア(ハイブリッドの一種)
充填するのには無理な大きさの虫歯に対して、金属の変わりに歯と同じ色のエステニアと言う材料で作製し、歯に接着させます。ポーセレンに比べ、物性に劣りますが、
下の歯の噛み合わせ部分などの金属色が歯と同じ色になると見た目はずい分良くなります。 

1歯¥26250円
2.シンフォニー
本来レジンは金属に接着しませんので、リテンションビーズと言って金属にでこぼこを造って作製していました。これに対してシンフォニーは金属表面に特殊な処理をする事によりレジンの金属への接着を可能にしました。又、硬さも従来の物より硬く出来ています。
当院では、前歯より小臼歯までの範囲に使っています。特に下の小臼歯と言われる歯に
対しては、従来は、白くする時は陶材しかありませんでしたが、シンフォニーによって、より
安価で作製する事が出来るようになりました。 

1歯¥47250円
2.シンフォニー
注:強度的にはやはり陶材には劣るため、あまりに噛む力が強かったり、歯ぎしりなどをする人は破損する事もあります。短時間で破壊した人に対しては無償で再製するか、陶材との
差額の¥35,000で、陶材に変えるか相談しています。出来ればそんな時は、陶材の方が安全とは考えていますが、そんなに頻度が多いわけではありません。
3.MB(メタルボンディングポーセレン)
歯と同じ色での補綴する方法としては最も歴史が古く、
安全性・審美性ともに最も信頼できる方法です。
金属を形成した型にピッタリ合わせ、見える部分に対して陶材を何層にも分けて、高温の炉の中で焼き上げていきます。
金属と陶材はかなり強固に接合しますので、出来上がった物を金づちで叩いても、そんなに簡単に分離しないぐらいしっかりしています。 

1歯¥84.000円
4.サンライズクラウン
当院では、ほぼ10年前より取り扱っていますが、歯の型に
薄い金の膜を合わせ、この膜の歯に陶材を盛り上げ焼成していきます。

全体が全て歯と同じ色で、透明感・審美性はMBより優れています。強度もかなり強く今まで10年以上の間に破析した人は5人いないぐらいです。

料金は、MBと同じ 1歯\84000円です。
金属による補綴物(白金加金)
1.保健で使われる合金
現在保健で使用されている金銀パラジウム合金は金が12%、パラジウムが20%、銀が約50%弱、銅が20%弱、その他の金属より成り立っています。

日本の保険制度下で低価格で出来るだけ良質な金属をと日本独自で開発された合金であり、世界中で日本のみで使われています。
1.保健で使われる合金
つまり、白金加金の代用合金です。
この金属が即だめだという事はありませんが、この金属で指輪などを作ってみると、すぐ黒変してしまいます。

また硬すぎてなじみが無く劣化しやすい傾向にあります。
どうしても白金加金に比べれば見劣りしてしまうのは仕方がありません。
2.白金加金
白金加金と一言で言っても組織や製法、硬度などにより多くの種類があります。一例として(Protor3プロトア3) 略称 P-3 という白金加金の組成を見てみました。
金:68.5%/白金:3.0%/銀:12%
です。
この合金はごく一般的な白金加金です。他では金属アレルギーで銅やパラジウムに反応する人にも安心して使える。スーパーエクセレントも見ておきましょう。
金:86%/白金:11.8%/その他:2.2%
です。
この金属はより高価ですが非常に優れたものです。
金合金(P-3の場合)
・インレー
単純:¥21,000円(小臼歯)/¥31.500円(大臼歯)
複雑:¥31,500円(小臼歯)/¥42,000円(大臼歯)

・部分被覆冠:\36,750円(小臼歯)/\47,250円(大臼歯)

・FCK:\42,000円(小臼歯)/\52,500円(大臼歯)
支台(18Kの場合)
・前歯:\10,500円
・小臼歯:\15,750円
・大臼歯:\21.000円

少し想像してみていただきたいのですが、食卓に並ぶスプーンが、黒変していたりザラついていたら、その食器で食べますか?
新しい物に変えるかきれいに磨くのではないでしょうか。

しかしお口の中の以前治した金属が黒変していても、劣化してザラザラになっていても気にする人はいません。
支台(18Kの場合)
歯科医だけは患者さんのお口の中を直接診ていますので気になってしまうのです。

全てとは言いませんが少しでも体に優しい安定した金属を使って直したいものです。

関心のある方には、口腔内カメラでお口の中を実際に撮影してお見せします。きっとビックリされるのではないでしょうか。
line

患者さんの声A.
大学病院で金属アレルギーの検査で陽性のため金属に反応しない物に変えています。金属が変わった所の周囲の歯肉の色から健康なピンクの歯肉の色に変わりひりひりする感じも消えつつあります。。

患者さんの声B.
手の湿疹がなかなか良くならなかったのですが、メタルを変えることにより改善しました。

line

COPYRIGHT(C)2012 大蔵歯科医院 ALL RIGHTS RESERVED.